あなたはメタボですか?

あなたはメタボですか?

太った男たち
「あなたはメタボですか?」このように聞かれてYES or NOをハッキリと答えることができるでしょうか。

この数年でメタボという言葉(メタボリックシンドロームやメタボリック症候群とも呼ばれる)は良くも悪くも非常に使われることが増え、浸透しました。

しかし、メタボとは実際どういうものなのか、なんとなく「太っている」というイメージは持っているものの詳しいことは分からないという方も多いのではないでしょうか?

そんな身近にありながらも、よくわからないメタボについて解説していきます。

メタボの語源

メタボリックシンドロームは2つ単語から成り立っています。

前半のメタボリックには「代謝」という意味があります。後半のシンドロームには「症候群」という意味があります。

そして、この2つを繋げると代謝症候群となります。あまり一般的ではない言葉ですが分かりやすく言うと「体の代謝が悪くなっている状態」という意味があります。

この状態から起こる病態の総称をメタボリックシンドロームと呼ぶのです。

以前は、シンドロームXや内臓脂肪症候群、マルチプルリスクファクター症候群などと呼ばれていましたが、今はメタボやメタボリックシンドロームと呼ばれることが一般的になっています。

オルリファスト

オルリファスト

ゼニカルのジェネリック医薬品のため、摂取した脂肪分を体外に排出するという作用は変わりませんが、ゼニカルと比べお安く購入することができます。

オルリファストを購入する

メタボの診断基準

医者
実はメタボに正確な診断基準があり、この基準に当てはめて考えることで自分がメタボであるかどうかを知ることができます。

2005年4月にメタボリックシンドローム診断基準検討委員会によって、日本人のメタボ基準が設けられています。

まずウエスト(おへその上の腹囲)が男性であれば85cm以上、女性であれば90cm以上であること。

そして、高血圧と高血糖、高血脂症のこの3つの症状の内、2つ以上の症状に該当すればメタボと診断されます。

この3つの症状は動脈硬化を引き起こす可能性のある注意すべき症状です。

女性に関してはウエストが90cm以上のため、該当する方は少ないですが90cm以下のメタボ予備軍の方も注意が必要です。

メタボの患者数

平成19年に厚生労働省健康局により、メタボ患者と予備軍に関する調査が行われています。
その結果によると…。
20代 男性 : 患者数3.4% 予備軍5.7%
20代 女性 : 患者数0% 予備軍0%

30代 男性 : 患者数8.5% 予備軍24%
30代 女性 : 患者数0.5% 予備軍1.6%

40代 男性 : 患者数16.7% 予備軍24.8%
40代 女性 : 患者数3.5%  予備軍4.7%

50代 男性 : 患者数25% 予備軍25.8%
50代 女性 : 患者数6.7% 予備軍7.4%

60代 男性 : 患者数36.4% 予備軍25.2%
60代 女性 : 患者数16.3% 予備軍10.4%

70歳以上 男性 : 患者数36.9% 予備軍19.8%
70歳以上 女性 : 患者数18.7% 予備軍11.4%

男性の比率が圧倒的に高く、男性は50歳を超えると2人に1人がメタボ患者、又は予備軍という結果になっています。

女性は男性の比べ3分の1程度の比率です。

これは男性に比べダイエットや自分の体型に対しての意識が高い、ということなのかもしれません。

実際にメタボから起こる可能性のある、脳卒中や狭心症など血管の病気の発病率は女性の方が少ないというデータもあります。

メタボの予防と改善

食事を減らす
メタボの最初の基準となる腹囲は内臓脂肪が原因で増えることが多いです。

その内臓脂肪は高血圧症や糖尿病、動脈硬化などの病気の原因になる怖れがあります。

基本的には内臓脂肪を落とすことがメタボの予防や改善に繋がります。

内臓脂肪は付きやすい反面、落としやすいという性質を持っています。

そのため、食事や生活習慣の改善により落とすことが可能です。毎日のようにお酒を飲まれる方であれば、休肝日を作る。甘いお菓子やケーキなどを食べることが多い方は食べる頻度を減らす、などが具体的な改善方法です。

簡単なことから始めてみてはいかがでしょうか?

アーユスリム

アーユスリム

食欲の制限と脂肪の燃焼促進効果を持つサプリメントです。痩せやすい身体作りをサポートしてくれます。

アーユスリムを購入する

次の記事

メタボの原因はこれ!生活習慣の改善を
3つのステップでメタボの改善と予防を
あなたはメタボ?メタボの基準を大公開
メタボを予防するために必要な事とは?